静かな堆積

2010/12/11 展

d0191376_18531891.jpg





迷いに迷い、ようやく着いたと扉を開ければ、溢れんばかりの人、人、人。

人をかき分け、奥までたどり着いたはいいが、凄まじい熱気に汗が滴る。

これがピーマンの肉詰めであったなら、さぞ美味いんだろう等と思いつつ、壁を埋め尽くす写真を味わう。

やたらとビールが進む。

この言いようのない悔しさの苦さに比べたら、ハイネケンなんぞ水のようなものだ。

それでもやっぱりアルコールであるから、足下フラフラ、顔ヘラヘラ。

こりゃ楽しい。




展示された皆様、楽しい時間をありがとうございました。

沢山の熱気と気付きを頂きましたので、精進していきたいと思います。

うららー。
[PR]
by hillnote | 2010-12-12 19:50